スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾漫画の衰退原因 

1960年代に人気を博した台湾漫画の
衰退の原因についてのニュースがありました。

台湾漫画界は表現規制で衰退した!
漫画・アニメを規制する都条例に関連して『Twitter』で話題に


ガジェット通信 12月13日(月)19時00分配信



1966年に政府が可決した『漫画審査制度』により
台湾漫画の表現は大きく規制をされてしまったそうです。

以前、HPでも台湾漫画を取り上げた際は
日本マンガをパクりだらけで、本家が上陸したら
崩壊したって感じで紹介していました。


日本マンガ・文化論
第4回 台湾のマンガ・アニメ事情



台湾の漫画の規制があったことも大きな要因の
一つではないかと書き直す必要があるようですね。


ガジェ通さんの記事の中で80年代にブームになった
日本マンガの海賊版は、なぜ台湾の表現規制を
受けなかったのか疑問点が紹介されてましたが

そもそも海賊版そのものが非公認の物なので
表現の管理ができなかっただけではないでしょうかね。

今でも中国などでは非公認の海賊版DVDなんてざらにありまして
ドラえもんの映画全集20枚入りを安くて買った人がいたんですが
いくつかDVDが壊れていて再生されなかった様です。。。


ともあれ、マンガやアニメ限らず表現の面白さの
本質は新しい価値観の創造だと思います。

ギャグは何故面白かは、常識や日常とギャップがあればあるほど
面白いのであって、誰もが認める「常識的」な表現なんて
つまらない物でしょう。

東京都でもマンガ規制の条例が通りそうですが
規制が増えれば、出版社は商売のためちょっとリスクのある
表現は控えるようになるでしょう。

結果、マンガはますますつまらなくなり
もっと規制のない面白い物に流れるだけだと
思うのですがね~

スポンサーサイト

ガンダムのパロディ動画 

ニコニコ動画を見てましたら
久々吹きましたので動画を貼ってみます。
1日のアクセスのNo.1をとった様です。


『歌の後に「ガンダム」をつけるとこうなる』




こういった難しことを考えない
おバカなネタって好きだな~(w

蒸し返される東京都の漫画規制条例 

東京都で以前、マンガ規制の条例案が提出され
批判が高まったため、一時は反対多数で止まっていたこの問題。

その後は、「18未満」の未成年を対象との定義の訂正などが
あり、賛成多数で改正される見通しになったそうです。



都の漫画規制条例、修正案を再提出へ
読売新聞 11月16日(火)3時3分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101116-00000091-yom-soci




殺人や強姦などの表現のマンガやアニメの販売を規制する
ものらしいのですが、成熟しきっている業界にとっては
大きな痛手になると思います。

こういった、表現規制の話は昔からありまして
戦前は上流階級の令嬢が小説を読むことが禁止
されていたそうで

現に、小説の影響を受けて殺人などの犯罪が
発生したりしています。

またヨーロッパなどでも映画のない時代には
舞台劇場が殺人などの表現がリアルすぎる!って
批判もあったそうです。


結局、犯罪は人間社会の本質的な問題であって
目立つマンガを規制したところで、他のアンダーグランドな
コンテンツに流れるだけで、何も解決しないと思うんですね。

そもそも現在の少年犯罪は減っていまして
少年犯罪のピークだったのが80年代でしたし

強姦の犯罪のピークは60年代との統計データも
ありますから、マンガの表現規制が犯罪防止に
どれだけ成果をあげるのか疑問に感じます。


犯罪を防ぐには、教育であったり
人との繋がりを深める仕組み作りが大事だと
思うのですが

こういったの規制はわかりやすいので
マンガが影響力があるうちは政治家のパフォーマンスに
使われ続けるのかなって気がします。

日本は資源のない「幸運」な国 

1860年代、アフリカに入植したオランダ系移民の
ボーア人がダイヤモンド鉱山を発見し、大きく
国が潤う事がありました。

それに目を付けた当時の世界最強の軍事大国
イギリスが保護を名目に侵攻し、自国の領土
として、ボーア人との長い戦争が始まります。

これが「ボーア戦争」って言われていまして
ゲリラ戦なども含めてじつに足掛け20年近くも
争っていた歴史があります。


こうやって歴史を振り返ってみますと
戦争は資源の奪い合いの要素が強いことがわかりますね。

アメリカがイラクに攻め込んだのは「石油」と言う資源が
あるためですし、北朝鮮が生き残ったのは資源がないので
戦争するには割に合わないからだと思います。

尖閣諸島問題なんかもその根底には石油の油田の
発見が大きく関わっていまして、それまで中国はあまり
関心がなかったって言われています。


結局、資源がたくさんある国は大国に目をつけられ
戦争に巻き込まれるリスクが高いわけですが

日本はそれほど資源に恵まれないので
あまり外国から目をつけられず創意工夫で
独自の技術を発展してきたとの仮説が成り立ちます。


「日本に近海は実は膨大な資源がある!」

って、話がたまに出てきたりするんですが

そんな「大発見」の後に待ってるのは
大国の資源の奪い合いに巻き込まれるじゃないかって
ちょっと不安になっちゃいますね。

水嶋ヒロ、小説大賞の賞金辞退で思ったこと 

芸能活動を引退して小説家として活動を
表明した水島ヒロさんがポプラ社の小説大賞
賞金2000万円を辞退した件ですが
水島さん本人も対応に苦慮している様子です。


水嶋ヒロ、賞金2000万円辞退に苦慮「自分の環境をとても苦しく思っています」
オリコン 11月7日(日)16時16分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101107-00000002-oric-ent



こんな出版不況の時代ですから商売的な観点で
考えれば水島さんに大賞を受賞させたのは納得できます。

無名の人を受賞させるよりも
有名人を受賞させれば、話題になりますし
一般の人たちにも知れ渡ります。

出版界も儲かって、水島さんも儲かって
新しい読者増える!結果、消費が喚起され
まさに良いことづくめ~、だと僕は思うのですが


ただ注目されるとネガティブな意見も
同時に拡声されますので、水島さん側も対応に
苦慮されている様ですね。

そういえば沢尻エリカさんなど「悪名」が高くとも
注目さえあれば大手のCMなんかに起用されたりして
話題性を集めて、あとはポイってのがよくあります。

企業にとっては話題を集めて儲かれば
良いわけですから、考え方によっては水島さんは
利用され可哀そうな立場なのかもしれません。


いずれにしても、水島さんに小説家としての
才能があれば10年後も残っていると思います。
是非、頑張ってほしいですね~

まぁ僕は小説には全く関心はないので
どうでもよかったりしますが


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。