スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人も海外との本格的な競争にたたされるのかな 

日本人駐在員との給与格差「50倍」やり玉 中国ホンダ系工場スト

5月29日7時56分配信 産経新聞

 中国広東省仏山にあるホンダ系の自動車部品工場で賃上げを求めて従業員らが行っているストライキで28日、中国人従業員らが日本から派遣された駐在員との「50倍」という給与格差問題をやり玉に挙げ、経営側を突き上げていることが分かった。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100529-00000063-san-bus_all



中国のホンダの工場の従業員が日本からの駐在員との
給与の格差をめぐって対立がおきているそうです。

たしかに日本人はすごい高いんですよね。
駐在員一人で、従業員が100人雇えたり

中国語や英語がペラペラ話せるような
日本人よりもはるかに優秀な現地のスタッフが
雇えちゃったりします。

でも、今回の場合はコストが安いのがメリットで
日本企業が来てると思うので、こういったトラブル
が続くと、給与の安いベトナムとかに逃げちゃう
のではないですかね?

しかし、その人件費の安い新しい国でも
豊かになってくると、そこでもまた同じ
問題が発生することは目に見えてます。

今後は日本人だからといって優遇されなくなってくる
時代に近づいているのかな?って思います。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。