スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

既定路線だった菅直人首相誕生 

大方の予想通り、鳩山さんの次に菅直人首相が誕生しました。
流れを見てまして、菅さんが首相になることは前から
決まっていたように感じます。

現に、菅さんは4月3日には中国の温家宝首相と会談するなど
首相になる前の事前の挨拶ではないのか?っとの意見も
一部では言われていました。

4月の時点では鳩山内閣では支持率は急落し、
普天間などの問題は八方塞がりが確定していたので
5月にすべての負の遺産を責任を鳩山さんにとらせて

比較的、国民受けの良い菅さんを首相に立て様との
考えがすでに決まっていたのだと思いますね。

まぁ、菅内閣も民主党のマニフェストに固執する
限りは根本的な迷走からの脱却は難しいのではないかと思います。

今後行われる参院選は民主党は以前ほどの支持は得られないと
思いますが、郵政法案など組織票をとるための優遇法案は
かなり力を入れているので

負けはしないけど、勝ちもしない・・・
混迷した政局が次回の衆議院選まで続く様な気がします。

スポンサーサイト

日本人も海外との本格的な競争にたたされるのかな 

日本人駐在員との給与格差「50倍」やり玉 中国ホンダ系工場スト

5月29日7時56分配信 産経新聞

 中国広東省仏山にあるホンダ系の自動車部品工場で賃上げを求めて従業員らが行っているストライキで28日、中国人従業員らが日本から派遣された駐在員との「50倍」という給与格差問題をやり玉に挙げ、経営側を突き上げていることが分かった。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100529-00000063-san-bus_all



中国のホンダの工場の従業員が日本からの駐在員との
給与の格差をめぐって対立がおきているそうです。

たしかに日本人はすごい高いんですよね。
駐在員一人で、従業員が100人雇えたり

中国語や英語がペラペラ話せるような
日本人よりもはるかに優秀な現地のスタッフが
雇えちゃったりします。

でも、今回の場合はコストが安いのがメリットで
日本企業が来てると思うので、こういったトラブル
が続くと、給与の安いベトナムとかに逃げちゃう
のではないですかね?

しかし、その人件費の安い新しい国でも
豊かになってくると、そこでもまた同じ
問題が発生することは目に見えてます。

今後は日本人だからといって優遇されなくなってくる
時代に近づいているのかな?って思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。