スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漫画児童ポルノ条例否決へ 

漫画児童ポルノ条例否決 石原知事「制約は必要」
6月14日20時9分配信 産経新聞

子供を性的対象にした漫画などの制限を目指す東京都青少年健全育成条例の改正案を審議していた都議会総務委員会は14日、改正案を民主や共産など反対多数で否決した。16日の本会議で正式に否決される見通しで、都議会で知事提出の条例案が否決されるのは12年ぶりとなる。都は改正案の文言や適用範囲などを見直し、9月議会以降に再提出する方針。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100614-00000612-san-soci



漫画児童ポルノ条例の改正案が反対多数で否決されたそうで
石原都知事が9月の法案再提出を目指しているようです。

こういったマンガ規制の動きは昔からあるわけですが
規制がされてしまうと、マンガの表現や流通の流動性に
少なからず影響がでることは避けれないのでしょう。

たださえ、低迷しているマンガ業界がますます苦しく
なると思います。

「子供たちを守る」との趣旨のようですが
マンガの2次元のキャラクターは実際存在していないので、マンガを
規制したところで、児童ポルノの根源的な問題は解決されません。


マンガ、アニメは目立つからやられているわけで
昔から政治家の人気取りのパフォーマンスとして
生け贄にされている要素が強いと感じます。

石原都知事も作家出身の方なので、表現規制に関しては
懐疑的な見方をしているだろうと思いますが

オリンピック招致やら社新銀行東京の大きな失策がありましたので
人気の回復に必死なのでしょうか???

いずれにしても「子供たちを守る」という視点から離れ
マンガ、アニメが人気がある限り、マンガの表現規制の議論が
蒸し返され続けるのでしょうね。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。