スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンガ雑誌はなぜ売れないか 

ちょっと古いニュースですが

出版市場規模が2兆円割れ、雑誌もマイナス幅が過去最大
2010年04月04日

■出版市場規模が2兆円の大台割れ
出版科学研究所の調査によると、2009年の書籍・雑誌の推定販売額は5年連続の減少で21年ぶりに2兆円台を割り込んだ。

http://www.jagat.jp/content/view/1964/333/



出版業界規模が21年ぶりに2兆円台を割り込んだそうです。
最近もマンガ雑誌が売上げが低迷するなど、廃刊が相次いでますね。

なぜマンガ雑誌が売れなくなっているのでしょう?
少子化のせいもあるかもしれませんが、日本人のライフワーク
の大きな変化が理由だと思いますね。

そもそもマンガはなぜ発展したのか考えれば
戦前や戦後直後は映画を見たいけど、高くみれない。。。

でも、マンガなら映画よりは劣るけど、安くて
手軽に見れる!ってな理由で発展していきました。

その後はマンガ雑誌が登場するわけですが
当時はインターネットや携帯もなかったので
子供たちの最新のトレンド情報を見るための
必須アイテムだったのです。

現在は携帯やインターネットで様々な暇つぶしや
情報をみる手段がたくさんあるので、その中で
わざわざマンガ雑誌を見る選択が減ってるわけで。。。

結果、ワンピースなどの単行本の売上げは伸びる
との現象になっています。

やはり今後はIPadなどの電子携帯端末が
伸びていくと思うので、ますます多様化が進み
マンガ雑誌は厳しくなるんじゃないかなぁ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。