スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菅さんの言う「クリーンな政治」ってなんぞや? 

菅内閣の支持率が64%と上昇したそうです。
小沢さんのイメージが悪いので、クリーンそうな
菅さんにとりあえず支持が集まった感じです。


菅内閣、支持率最高64% 脱小沢人事が奏功 世論調査
産経新聞 9月20日(月)12時23分配信


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100920-00000509-san-pol



しかし、菅さんの言う「クリーンな政治」ってのは
定義があいまいで意味がわからないと思います。

おそらく菅さんの言うクリーンな政治とは
古今東西どんな時代にも実現ができなかった
ものではないでしょうか?


そもそも政治にお金がかかる根本的な理由は
現在の政治制度にあるわけでして

今ではインターネットなどの普及で
お金のかからないやり方はいくらでもあります。

それらの規制などを取っ払う事でだいぶ「クリーン」
な方向になるとは思うのですが、そう言う方向に
進む気配はありません。

まぁ、イメージ戦略で代表選の勝利と支持率を上げた
事を考えれば、菅さんの手法は間違っていなかったとも
言えるのかもしれませんね。


僕が思うに、菅さんは鳩山政権の崩壊を見たためか
もはや「守り」の人だなって印象です。

野党時代はガンガン切り込みましたが、実際運営する側に
立ってみて、日米安保やら行政改革などの難しい問題は
無難な発言に路線を転換しています。

結果、昔の自民党時代とあまり変わらなくなり
日本の衰退が始まるっという悲しいストーリーを
想像してしまうのは僕だけでしょうか・・・?

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。