スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トルコで集英社が漫画展を開催 

さて、久々に海外のマンガネタを取り上げます。

集英社がトルコのイスタンブール美術館にて
「少年ジャンプ展」を開催したそうです。


トルコで「少年ジャンプ」展 現地出版の足がかりに

産経新聞 10月11日(月)7時57分配信

 親日国として知られるトルコで、日本の漫画展が開かれている。
場所は現代美術展をしばしば開催するイスタンブール美術館。
主催は、出版社の集英社(東京)で、タイトルは
「Discover MANGA-the world of SHONENJUMP-」。

同社が漫画展を日本以外で開くのは今回が初めて。
海外で、日本の出版社が単独で主催するのは異例という。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101011-00000077-san-ent



トルコと言えば、過去にはポケモンが放送されて
人気になったそうで

2000年にはポケモンを見て、不思議な力があると
勘違いした子供が自宅から飛び降りてケガをする
事故が複数発生したため

トルコの保健相が放送中止の勧告を出す
って出来事もあったらしいですね。


話を少年ジャンプ展に戻しますが
記事によるとトルコでも「ONE PIECE」は
テレビで放映され人気は高いそうです。

しかし、トルコでのマンガ出版の実績がなく
イスラム圏でのマンガ出版の足がかりにしたい
との意図があるとのこと。


日本の出版社が海外で単独で主催するのは
かなり異例だそうです。

こういった海外の国では現地の出版社に
出版・販売を委託するケースが多いので

日本の大手出版社自身が自ら乗り込むって
ことは集英社自身が本格的に海外へ売り込もう
との、意思があるのかもしれません。


今回の漫画展はトルコの市場調査の
意味合いがあるのでしょうね。

果たしてトルコへのマンガ出版の道に
繋がるかどうか、続報があるか気になる
ところです。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。