スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マツダの派遣社員問題その本質 

マツダ、株主から警備責任問う声 暴走事件、山内社長「検討する」
6月24日12時4分配信 産経新聞

 元派遣従業員が車で工場内を暴走し11人が死傷する事件のあったマツダは24日午前10時、広島県府中町の本社で定時株主総会を開いた。山内孝社長が冒頭、事件について報告し、「大切な従業員がかけがえのない命を失い、負傷したことは大変遺憾」と述べた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100624-00000571-san-bus_all



マツダの派遣社員が解雇の腹いせに
車で暴走し、殺人事件まで発展した事件。

マツダの警備の問題やら派遣の待遇の実態やら
色々とクローズアップをされ、大きな問題になっています。

この事件自体は犯人自身が自己破産をするなど
社会になじめず暴走した個人の問題だと思うので
派遣社員の雇用問題とはまた別だと考えます。


しかし、最近では派遣の待遇を見直しなどで
大きな工場をもつ大手企業が叩かれていますが
こういう事ではますます日本企業の海外生産移転の
流れを加速されるような気がしますね。

そもそも日本の賃金は世界に比べて高いわけで
単純作業であるなら人件費の安いアジアで十分なので
結果的に、日本人の労働者は失業します。

「少し高くても日本人が作ったものを買う!」

って、意見もありますけど、かつてのアメリカが
安くて質の高い日本車を規制して、アメリカ車を作る
GMなどのアメリカ人労働者の待遇を保護した事がありました。

結果、アメリカ人のコストが高いまま
GMは国際的な競争力がみるみる低下し破産!って
結末になったことは周知の事実です

突き詰めていくと雇用問題の解決には日本人の
給与を下げると言う結論になるのだと思うのですが。。。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

Re: マツダの派遣社員問題その本質

いつも参考にしております。
また遊びにきます。
ありがとうございます。

Re: マツダの派遣社員問題その本質

コメントありがとうございます。
素人の意見ですが参考にして
頂けるように頑張ります。

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tuka0072.blog27.fc2.com/tb.php/26-26f8648b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。