スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Youtubeとニコニコ動画 

動画共有サービスのYoutubeが誕生してまだ5年との事です。
もはや一般的になっていると思うのですが、わずか5年で
ここまでとはネットの凄さを感じますね。

以前は日本の著作権が無視されまくって
たくさんの「違法動画」が見れたわけですが
最近は真面目に削除をしてるみたいでかなり減りました。

それでもニコニコ動画に比べて、Youtubeは「違法動画」が
多い気がしますね。アメリカの会社だからでしょうか?


しかし、Youtubeは赤字を垂れ流しているそうで
2009年は売上は約200億円ほどとのことですが、
400億円の赤字になったそうです。

YouTube、膨れ上がる赤字
http://news.livedoor.com/article/detail/4096279/


コストの半分近くは通信費で、ライセンス料も
年々上がっているなど、広告費だけではとても補うのが
難しいビジネスモデルになっています。

当初は運転費の工面に苦労していたようですが
2006年にGoogleに買収されてからは、運転資金に
関しては苦労することはなくなったんですがね。

Youtubeの単体として考えれば、いかにお金を取る
仕組みを考えるかが、重要になっていきます。


一方、日本発の動画共有サービスのニコニコ動画ですが
こちらは誕生からわずか4年です。

当初はYoutubeの動画にコメントをつける機能で
パラサイトのサイトとしてスタートした様ですが

その後、Youtube側からアクセスをブロックされて
仕方なく登録・会員制にして、動画サービスを提供する
仕組みに変えた様です。

ニコニコ動画も長らく赤字に苦しむ訳ですが
今年に入り黒字化を達成し、2010年4月~6月期も
1億4900万円の利益をだしたと発表がありました。

ニコ動事業で1億4900万円の利益 ドワンゴ4~6月期
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1008/05/news075.html


上記の記事で興味深いのは、ニコニコ動画の
売上の8割近くが有料の会員である「プレミアム会員」の
売上である事ではないでしょうか。

従来のネットサイトの売上と言えば、広告収入が主と
されていたのですが、会員からお金を取れば、変動の
激しい広告収入よりは安定した売上が期待されます。

有料会員数も90万人を突破し、100万人も目前なので
ますます安定した売上を出すのではないかと思います。


ネットではタダが当たり前で、その分は広告で
儲けるとの手法が一般的だったわけですが

ニコニコ動画の売上を見てみると、今後はネットの
サービスにお金を払うのは当たり前になり、有料会員制の
サービスが生き残っていくのではないかと思いますね。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tuka0072.blog27.fc2.com/tb.php/43-714a6ddb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。