スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蒸し返される東京都の漫画規制条例 

東京都で以前、マンガ規制の条例案が提出され
批判が高まったため、一時は反対多数で止まっていたこの問題。

その後は、「18未満」の未成年を対象との定義の訂正などが
あり、賛成多数で改正される見通しになったそうです。



都の漫画規制条例、修正案を再提出へ
読売新聞 11月16日(火)3時3分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101116-00000091-yom-soci




殺人や強姦などの表現のマンガやアニメの販売を規制する
ものらしいのですが、成熟しきっている業界にとっては
大きな痛手になると思います。

こういった、表現規制の話は昔からありまして
戦前は上流階級の令嬢が小説を読むことが禁止
されていたそうで

現に、小説の影響を受けて殺人などの犯罪が
発生したりしています。

またヨーロッパなどでも映画のない時代には
舞台劇場が殺人などの表現がリアルすぎる!って
批判もあったそうです。


結局、犯罪は人間社会の本質的な問題であって
目立つマンガを規制したところで、他のアンダーグランドな
コンテンツに流れるだけで、何も解決しないと思うんですね。

そもそも現在の少年犯罪は減っていまして
少年犯罪のピークだったのが80年代でしたし

強姦の犯罪のピークは60年代との統計データも
ありますから、マンガの表現規制が犯罪防止に
どれだけ成果をあげるのか疑問に感じます。


犯罪を防ぐには、教育であったり
人との繋がりを深める仕組み作りが大事だと
思うのですが

こういったの規制はわかりやすいので
マンガが影響力があるうちは政治家のパフォーマンスに
使われ続けるのかなって気がします。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tuka0072.blog27.fc2.com/tb.php/62-19ec0b2e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。