スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾漫画の衰退原因 

1960年代に人気を博した台湾漫画の
衰退の原因についてのニュースがありました。

台湾漫画界は表現規制で衰退した!
漫画・アニメを規制する都条例に関連して『Twitter』で話題に


ガジェット通信 12月13日(月)19時00分配信



1966年に政府が可決した『漫画審査制度』により
台湾漫画の表現は大きく規制をされてしまったそうです。

以前、HPでも台湾漫画を取り上げた際は
日本マンガをパクりだらけで、本家が上陸したら
崩壊したって感じで紹介していました。


日本マンガ・文化論
第4回 台湾のマンガ・アニメ事情



台湾の漫画の規制があったことも大きな要因の
一つではないかと書き直す必要があるようですね。


ガジェ通さんの記事の中で80年代にブームになった
日本マンガの海賊版は、なぜ台湾の表現規制を
受けなかったのか疑問点が紹介されてましたが

そもそも海賊版そのものが非公認の物なので
表現の管理ができなかっただけではないでしょうかね。

今でも中国などでは非公認の海賊版DVDなんてざらにありまして
ドラえもんの映画全集20枚入りを安くて買った人がいたんですが
いくつかDVDが壊れていて再生されなかった様です。。。


ともあれ、マンガやアニメ限らず表現の面白さの
本質は新しい価値観の創造だと思います。

ギャグは何故面白かは、常識や日常とギャップがあればあるほど
面白いのであって、誰もが認める「常識的」な表現なんて
つまらない物でしょう。

東京都でもマンガ規制の条例が通りそうですが
規制が増えれば、出版社は商売のためちょっとリスクのある
表現は控えるようになるでしょう。

結果、マンガはますますつまらなくなり
もっと規制のない面白い物に流れるだけだと
思うのですがね~

スポンサーサイト

この記事へのコメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tuka0072.blog27.fc2.com/tb.php/64-2949de68

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。