スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい加減な日本の登記データ 


最近に100歳以上の高齢者が相次いで行方不明に
なっている問題ですが、ついに100名を超えたそうです。

中国などの新興国のデータが宛てにならない
とはよく聞きますが、日本も負けていないですね。


神戸の所在不明は105人…最高齢は125歳
8月10日11時48分配信 読売新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100810-00000441-yom-soci



年金の不正受給だったり、調べれば問題は根深いと
感じるわけなんですが

この問題は昔から指摘されていたわけで、消えた年金
みたいに、「寝た子を起こすな」って感じで
ずっと先送りして経緯があります。


日本の農地の統計データも同じような問題がありまして
実際は産廃物の捨て置き場だったりするのに、登記上は
「農地」と申請して、補助金をもらったりと

住民台帳の問題だけでなく、年金やら農地データやら
全てのデータがいい加減と、日本の公的機関の構造的
問題であり、手直し程度では解決されません。


もう既に日本の台帳などのシステムは制度疲労を
起こして、データと実態がかけ離れているのは明らかな訳で
ここは再度、調べ直す必要があります。

かつて戦国時代の豊臣秀吉が行った「太閤検地」や
明治政府がやった「地租改正」の様に

「平成の大検地」

を行う必要じゃないかな~って、思います。

「2幼児遺棄事件」欲望の果てに 

風俗店で働く若い女性が遊びたかったために子供を2名を
放置して遺棄した事件。

子供の世話が面倒になり、現実逃避をしちゃったみたいですね。
犬や猫とか飼うのが面倒になって捨てたり、餌を与えず殺したりする
ケースは多々あると思うので、そんな感覚だったんでしょうか。。。


下村容疑者「遊びたかった」 死亡確認直後、同級生に祝福電話 2児遺棄
8月4日13時54分配信 産経新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100804-00000571-san-soci



この人は友人の男性とは遊ぶことが多く、
あまりホストクラブに行ってないって情報もありますが

こういった、風俗やキャバクラなどの水商売で働く
ねえちゃんって、不思議とやたら高いブランド物買ったり
ホスト遊びが大好きだったりすることが多いんですよね。


最近は、不況で風俗やキャバクラの業界は厳しいらしいんですけど
業界関係者の話によるとテレビドラマなどの影響からか
この業界に入ってくる女性が多くなっているんだとか。

そんで、風俗嬢やキャバ嬢ってのはホスト業界にとっては
良い客らしくて、ホスト業界は全体的に伸びているそうです。


風俗嬢やキャバ嬢の中には自分の店を持ちたい!っていう
志の高い女性もいるらしいのですが、やはり少数の様です。

こういった人間の欲望を商売にするとちょっと可愛ければ
かなりの額を稼げたりできちゃんですけど

せっかく稼いだお金もホスト遊びやら何やらで
自分の欲望にいっぱい使っちゃうんですよね。

なんだか因果ってすごいなって感じます。

海外を知っていた方が得 

日本の若者の半数は海外に出たがらないそうです。

海外は危ないイメージがあるし、日本はなんだかんだ
いって恵まれているので、わざわざ海外で働きたく
ないな~って、とこでしょうか


半数が「海外勤務は嫌」=新入社員、内向き鮮明―産能大調査
7月28日17時0分配信 時事通信


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100728-00000108-jij-bus_all


でも、海外で犯罪に巻き込まれるケースは
無知や無警戒によるケースが多いので

節度を守って、現地の人に接していれば
思われてるほど危険ではないと思います。

なにより海外に出ると国内にいたら気付かなかった
日本の良さと悪さが体感として見えてくるようになります。


海外へ赴任した日本人は現地にハマる人も
結構いるんですが、孤独になって、精神的に
おかしくなる人も多いので、相性もあるとは感じます。

かつての日本企業は、海外へ駐在している人は
異端児扱いされ、あまり会社では出世しなかった
傾向があったんですが

間違いなくこの流れは変わってきているし
嫌でも日本は海外のものを受け入れなければ
ならない時代になってきていますね。

そういった免疫をつける意味でも、海外を知っていると
得だよって思うんですが。

Jホラーの人気が下火に 

リングや呪怨などで一時期はハリウッドをも
席巻した「J(ジャパニーズ)ホラー」の人気が
下火になっているそうです。

「リング」火付け、世界席巻も…下火に Jホラー再生の道は
7月16日7時56分配信 産経新聞


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100716-00000024-san-ent


ホラーブームは98年に映画公開された『リング』
の大ヒットから始まるわけですが
すでにそれから10年以上たっています。

さすがにマンネリ化も進み人気が落ちてくるのは
必然的だと思います。

ハリウッドでも「リング」と「呪怨」の二つで
すでに消費されつくされちゃった感があります。


しかし、こういった恐怖ってテーマは普遍的なので
世代が変わる10年後ぐらいにまたホラーブームが来るの
ではないかと推察します。

ブームがあれば、必ず終わりがあり
そして忘れて頃にまたブームが来る

人は常に新鮮なものを求めますからね。

付録付き雑誌が好調らしい 

出版不況が続いているわけですが
付録付き雑誌だけが売れているそうです。

フィギュア付けた男性誌、即日完売 
休刊が相次ぐ中、付録付き雑誌だけが大人気


7月11日14時40分配信 MONEYzine


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100711-00000002-sh_mon-bus_all


やはり雑誌のみの商品力で生き残るのは
難しくなっているようですね。

これなら情報はインターネットのみで配信して
おまけ企画の時だけ、雑誌で売った方がいいかも。。。

大体、マンガ雑誌の歴史をみると売れない雑誌は
オマケ企画をたくさんやったりするんですが

大局的に考えれば雑誌の需要が落ちる流れのなので
今後は付録が主流で雑誌がおまけになるのかもしれませんね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。